~快適な生活と持続可能な環境の共存~

カーボン・オフセット


カーボン・オフセット支援業務

カーボン・オフセットは、個人や企業が、自らが排出する温室効果ガスに責任感を持ち、「地球温暖化問題の解決に具体的に貢献したい」という考えを実現する手段です。

企業が取り組む場合は、商品の製造や消費や事業活動にカーボン・オフセットを導入することで、企業イメージの向上や商品等の差別化につながるといったメリットがあります。

当社は、カーボンオフセット協会に属する「カーボン・オフセットプロバイダー」(オフセットを支援・代行する民間企業)として、事業の計画段階から カーボン・オフセット認証ラベルの取得に至るまで、事業者様を全面的にご支援します。

カーボン・オフセットとは?

カーボン・オフセットとは、自分の温室効果ガス排出量のうち、どうしても削減できない量の全部または一部を他の場所での排出削減・吸収量でオフセット(埋め合わせ)することをいいます。

カーボンオフセット

日本政府が定める「カーボン・オフセット制度」においては、「市民、企業、NPO/NGO、自治体、政府等の社会の構成員が、自らの温室効果ガスの排出量を認識し、主体的にこれを削減する努力を行うとともに、削減が困難な部分の排出量について、クレジットを購入したり、他の場所で排出削減・吸収を実現するプロジェクトや活動を実施したりすることにより、その排出量の全部また、一部を埋め合わせること」と定義されています。

また、カーボン・オフセットを更に深化させ、合理的な方法で認識された事業活動等による温室効果ガス排出総量の全部を、他の場所での排出削減・吸収を実現する活動やクレジット購入等によってオフセット(埋め合わせ)することをカーボン・ニュートラルといいます。

「カーボン・オフセット制度」は2012年、環境省の主導で、カーボン・オフセットの取り組みへの信頼性を向上すること、公正なクレジット取引き市場を形成すること、市民、企業、NPO/NGO、自治体、政府などの社会のあらゆる構成員が地球温暖化を自らの問題として捉え、主体的な排出削減努力を進んで行うようになること、国内外の排出削減・吸収プロジェクトを支援すること等を目的としてスタートした制度です。

詳しくは下記をご参照ください。

「カーボン・オフセット制度」公式ページ

「カーボン・オフセット制度」の制度概要

コンサルティング業務内容

  • STEP1

    企画・測定

    企画立案

    予算、対象、ストーリー性等の観点から企画立案

    CO2排出権の測定範囲決定

    測定対象とする「対象」や「範囲」を決定
    ※「対象」はイベントや製品・サービスなど様々な設定が可能。

    CO2排出権の測定

    各種ガイドラインに基づいて算定

  • STEP2

    排出権調達

    必要な排出権の調達

    ストーリー性のあるものを「予算」「銘柄」創出地域」などの観点から調達

    排出権の償却手続き

    各政府機関などが運営する管理委員会へ手続きを実施

  • STEP3

    証書発行

    カーボンオフセット証書発行

    弊社作成のオフセット証明書を発行

    償却通知提出

    排出権の二重利用を防ぐために、各政府機関から発行される償却通知を提出

  • STEP4

    フォローアップ

    広報・マーケティングの実行

    各媒体や各政府機関に取組を報告、各種PRツール作成

    企画の拡張

    他の環境関連の取り組みとのリンクや、よりマーケティング効果の高い企画の実施

オフセット・クレジットの販売および無効化

「カーボン・オフセットプロバイダー」として、オフセットに使用するクレジットの販売および無効化を行います。

お問い合わせはこちら

「カーボン・オフセット」実績紹介


省エネことならカーボンバンクにお任せください TEL 047-420-7005 お気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Copyright © カーボンバンク株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.